top of page

混ぜるだけの簡単バスクチーズケーキ


簡単レシピのバスクチーズケーキ,WILLSTARS

スペイン・バスク地方生まれのチーズケーキ Basque cheesecake/バスクチーズケーキ 生クリームが無くても、バター&牛乳で代用できます


バスクチーズケーキは土台の生地がいらず、準備した材料をホイッパーで混ぜていくだけなのでレシピは簡単です。 通常、バスクチーズケーキ(ベイクドチーズケーキも)は生クリームを使いますが、 生クリームもわざわざ買うのはという時のために、牛乳とバター(お菓子作りにバターは欠かせない前提です)を生クリーム代わりにして作ってみました。 生クリームのような粘性がないので、生地がサラサラになるために薄力粉を少し多めにし、レモン汁も加えています。酸味が強くなりますが、それも美味しさのアクセントになっています。 ずっしり濃厚なバスクチーズケーキです。


メモ:ほぼほぼ乳製品が材料のチーズケーキなので、やっぱりコーヒー、チーズの濃厚な味を引き出す酸味が豊かな浅煎り・中煎りのコーヒーがよく合いました。

 

材料丸形φ15cm、1台分 クリームチーズ…300g (A)砂糖…60g (A)塩…1g 全卵…100g 薄力粉…35g (B)牛乳…200g (B)バター…50g レモン汁…20g


道具 オーブン 丸形φ15cm オーブンシート(33㎝幅のがいい) ボウル ハンドミキサーかホイッパー ゴムベラ こし器 粉ふるい


下準備

クリームチーズは常温に戻しておく。 薄力粉をふるっておく。 (B)をレンジで溶かしておく(600W、30秒を様子を見ながら2、3回繰り返す)。 オーブンを220℃に予熱する。


作り方

簡単レシピのバスクチーズケーキ,WILLSTARS

1

クリームチーズに(A)をハンドミキサー(ホイッパー)で混ぜ合わせる。









簡単レシピのバスクチーズケーキ,WILLSTARS

2

卵を混ぜ合わせる。










簡単レシピのバスクチーズケーキ,WILLSTARS

3

ふるった薄力粉を混ぜ合わせる。










4

(B)とレモン汁をしっかり混ぜ合わせ、生地をこす。



5

オーブンシートをしっかりと水にさらし、水気を切り、バターを塗った型の内側にきれいに張り付ける。

生地を流し込む。


簡単レシピのバスクチーズケーキ,WILLSTARS

6

220℃、25分。反転して10分。 (今回は表面の焦げが薄かったので温度を10℃高くか、反転後の時間を15分長くしてもいいですが、食感は少し硬くなります) 粗熱が取れたら、型のままラップをして冷蔵庫に一晩冷やす。






Comentarios


bottom of page