top of page
ロゴマーク

ウィルスターズコーヒーでは、高品質のスペシャルティーの豆や有機栽培豆などを自家焙煎しております。

豆の産地は非常に重要で、農園における社会的・環境的責任は優先事項のひとつです。

最高品質のコーヒーは、持続可能な栽培技術の活用から労働者の健康と福祉に至るまで、経営のあらゆる側面で最高品質に取り組んでいる農家から生まれているからです。労働者が公平に扱われ、自然が保護されている農園から積極的に仕入れる努力をしていきます。

Sustainability

スペシャルティーなど高品質の豆を栽培する農園のほとんどが、山の中に位置し、美味しさを表現する成分は寒暖の差によって左右するため、同じ農園でも標高の違いによって品質の違いがあります。
標高が高くなれば栽培できる面積が小さくなるため収穫量も少なくなり、気候や情勢によっても大きく変わります。
昨今はコーヒーに求める様々な嗜好性が広がり、世界的に高品質の豆を求めるようになり、収穫量が少ないぶん安定した仕入れは難しくなってきており、価格も高騰しているためお客様に提供する時の価格も上昇してきています。

ウィルスターズでは美味しさはもちろんですが、生産者に品質・労働に見合った対価が支払われる 「スペシャルティーコーヒー」を取り扱うことで、生産者の生活を豊かに、そして私たちのビジネスを通してお客様に喜んでもらうことで、生産者とお客様を結ぶ豊かな循環を作っていくことができることを目標にしております。​

Roasting

「産地」「農園」「生産者」「環境」などを考慮しながら厳選し、生産者が大切に育てた豆の美味しさを発揮できるように、焙煎にかける時間や熱を操作しながら細心の注意を払い、すべてのコーヒー豆を豆の個性に合わて、少量ずつ手作業で焙煎します。
そしてより美味しく召し上がっていただくためにも、味を損なう可能性の豆(欠点豆)をハンドピッキングという手で取り除く作業を、生豆の時に一度、焙煎後にもう一度、美味しさにつながる行程だから目を凝らして丁寧に行っております。

Specialty Coffee

スペシャルティーコーヒーとは

豆の生産者がしっかりと分かる「トレーサビリティ」

適正な取引で生産者の生活を支える「サステナビリティ」

その両輪が要件を満たすなど、栽培管理、収穫、生産処理、選別、品質管理、そして世界基準の味覚検査で80点以上の評価を受けることで世界中のコーヒーの中でもっとも品質の高い「スペシャルティー」と称されることができます。

その中で、日本に流通しているスペシャルティーコーヒーは、

全生産量の約10%といわれています。

一杯のコーヒー、そしてスウィーツ。
豊かになれる時間のお手伝いができれば幸いです。

bottom of page